design

もじ部」って本を読んでる。書体の制作話をデザイナー自身にインタビューしていく本。おもしろい。

まだ読み始めたばかりで 30ページくらいしか読めてないけど、制作の話を聞いてたら自分でも何か作ってみたくなったので、とりあえずそばにあったノートを手にとって一文字書いた。それがこのブログ記事の最初に載せているイメージ。

書く文字は何でも良かったんだけど、書の世界には「永字八法」という言葉があるらしく、”永” という字には筆使いの基本的な要素がつめ込まれてるようなのでこの文字に。詳しくは和文フォント大図鑑さんのページを見れば良いと思う。

この本と、あと一冊別の書体の本を読んだら、もうちょっと大きな何かを作りたい(気持ち)。


4月中にすっきりすべてのことを終わらすのは無理そう。

これからもいろいろ汗水鼻水たらしつつ、のんびりやろうと決めた。

あとこういう「がんばろう」みたいなのを書くのも面倒くさいから、ちょっと控える。